データ損失に関する調査結果

データ損失に関する調査結果

アークサーブでは、中堅・中小企業のIT意思決定者1,121人を対象に、データ損失に関するグローバルな調査を行い、2022年9月14日に発表しました。

Press Release: Arcserve Independent Global Study Finds Businesses Still Losing Mission-Critical Company Data

データ損失に関するグローバル調査

質問1: 深刻なデータ損失から復旧にかかる時間は?

52% 深刻なデータ損失から12時間以内に復旧できる
29% データ復旧に24時間以上かかっている

質問2: 許容できるダウンタイムは?

83% 重要なシステムのダウンタイムが12時間以下でなければビジネスに悪影響が出ると回答 
深刻なデータ損失から12時間以内に復旧できるのはわずか52%
29%は、1日以上データを回復することができなかった

質問3: 深刻なデータ損失から復旧した経験は?

76% 組織内で重要なデータの深刻な損失が発生した
45% 損失したデータ全ては取り戻せなかった

質問4: 災害復旧計画の状況

95% 自社に災害復旧計画があると回答 
24% 十分に文書化、テスト、更新された計画を持っている

質問5: 災害復旧計画の状況

83% 自社の戦略にデータレジリエンスを組み込んでいる
23% 進捗状況を確認するための目標を設定し取り組みを実施

【調査概要】
・対象者:グローバルな中堅・中小企業のIT意思決定者1,121 名。
(対象者はすべて、従業員数1002,500人、データ容量5TB以上の企業で、データ管理、データ保護、ストレージソリューションに関する予算または技術的な意思決定の責任を持っている)
・対象国:アメリカ/カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア/ニュージーランド、インド、ブラジル、韓国、日本 
・調査会社 ディメンジョンリサーチ社が実施

まとめ 

今回の調査結果から見えてきたことは、主に以下の3点です。

  1. 非常に多くの企業で、損失したデータ全ては取り戻せなかった経験がある
  2. データ損失後に事業継続が困難となった
  3. 更新・テスト・文書化されない災害復旧計画は、ビジネスリスクを高める

コメント

ダウンロードして、その実力を実際にお試しください。当社の高性能で革新的な製品およびソリューションで、IT管理におけるリスクと複雑さを低減しましょう。
無償トライアルを試す
無償トライアルを試す